ファイナンシャルプランナーとはどんな仕事?!

ファイナンシャルプランナーの仕事内容は、主にライフイベントに沿っている資金計画を立てて、資金設計のアドバイスを行います。そのため、依頼された場合は、個人や中小企業の資産について情報を集め分析します。また、相続や保険、資産運用などお金関わる場面で困っている人へ専門的な立場から助言をし、依頼者の生活が安定して、より良いものになるように手助けをする役割を果たします。具体的には、生涯生活設計や生命保険の見直し、家計の収支の見直しなどを行います。

ファイナンシャルプランナーの給料はいくら?!

ファイナンシャルプランナーの給料は人によって全く違います。年収200万円程度の人もいれば1000万円を超えるほど稼いでいる人もいます。また、働き方によっても給料は変わっていき、個人で独立している場合は、業務経験年数が長くなるほどに給料は増えていくと言えます。企業に務めている場合は、取得している資格が多くなったり上級のものを取得することで給料が多くなることが期待できるでしょう。相談料が給料になるのですが、平均的な相談料の相場は1時間あたり、約6500円ほどです。また、働き方によっても給料は変わります。

ファイナンシャルプランナーになるためには?!

ファイナンシャルプランナーになるためには、資格がいくつかあります。その中で最も有名な資格が、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能検定というものです。また、この資格には3級、2級、1級があります。務める企業によって、持っていなければいけない資格が異なります。3級を取得するための受験資格は業務に携わっている人、または携わりたい人です。また、3級を取得することによって2級が受けられるようになります。

ファイナンシャルプランナーの講座は、資格試験の合格を目指すにあたり、個人資産や社会保険に関する専門的な知識を得ることが可能です。