相続税の申告時に必要となる書類

相続税の申告書を作成するときには様々な書類を準備しなければなりません。税務署への申告期限は、相続が開始されたことを知ってから10ヶ月の期限が設けられていますが、余裕をもって揃えましょう。各種書類を取り寄せるのに時間がかかり、気がつけば期限が迫っていたということも少なくありません。遺産の分割に関して取り決めた遺言書などの資料、全ての相続人を明らかにする戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書といったものが必要となります。

どんな税理士に相談すれば良いか

煩わしい手続きの多い相続税の申告ですが、税理士に申告を依頼したり、相談したりするのは有効な手段です。せっかく依頼するのであれば、相続税申告について知識や経験の豊富な税理士にお願いしたいですよね。不動産の手続きがある場合には、土地の現地調査をしっかりしてくれる税理士を選びましょう。このような土地の評価方法について詳しい税理士は、正確な評価額を計算してくれます。また、税理士事務所のホームページで実績や評判を調べておくのも良いでしょう。

申告が遅れてしまった時には

相続税の支払い期限までに、遺産分割が決まらなかった場合、税の負担を軽くできる様々な制度が受けられなくなります。たとえば、居住面積が少ない場合に受けることのできる小規模住宅地の特例や、配偶者の税額を軽減できる特例などが挙げられます。節税のためにも、相続税の話し合いはあらかじめしておくのが良いでしょう。もしも特例が適用できるのに期限までに分割が決定しなかったときには、いったん見込みによる申告を行なわなければなりません。

相続税の税理士は専門家なので分からないことがあれば何でも相談しましょう。夜間でも対応しているので迅速に問題を解決してくれます。