現代社会での即戦力としての実力!

大学全入学時代において大学卒(高学歴)はブランドではなくなりました。場合によってはゆるいモラトリアム時代を余分に過ごしたシュガー世代と思われてしまうかもしれません。専門学校は職業に直結した能力の育成を目的としています。それに対して大学は学問としての知識、その探求、研究を目的としています。おのずと視点が異なるのです。未来を目指した研究や探求は確かに必要です。しかし、現実社会において、「今そこにある必要性」は即戦力ではないでしょうか。

そもそも専門学校とは!?

専門学校は大学と同じように「高等教育機関」です。大学における「学問」の追求ではなく、その職業に特化した教育、特に実習に重点を置いたカリキュラムが特徴です。全く同じ資格の取得が可能な大学と専門学校が存在します。二者を比べると実習は専門学校のほうが豊富です。職業直結の技能教育を目的としているのです。講師・教員の多くが実際の現場で働いていた人間が多いのも専門学校かもしれません。職人から技と知識を伝授される、とも言えます。

5年後10年後の「成りたい自分」を想像してみよう

学問を追求したいのか、培った技能の実践を目指したいのか。その選択が一番に必要です。専門学校は目的の職業が明確です。そのため進学する際には目的をしっかりと定める必要が有ります。これはとても重要です。将来その職業に就く事が、勉強に費やした労力や身に付けた技能を最も活かせるからです。資格取得を大きな目的に位置付けているのも専門学校の特徴です。看護師や臨床検査技師などの国家資格は、卒業と同時に資格を与えられるのではなく、国家試験受験資格を与えられます。一般の人には国家試験を受けることもできない資格もあるのです。

ヒューマンアカデミーは声優や俳優、スポーツ、ヘアメイク、ファッション、ゲームなど様々な専門分野を学ぶ事が出来る学校です。