心理学を活かせる分野はたくさんある

心理学と一言にいっても、学ぶ場は複数存在します。心理学科以外にも社会福祉学科や教育学部、経済学部にも心理学を学ぶ事ができます。たとえば、養護施設や児童相談所などで将来働きたいのであれば、心理学科よりも社会福祉学科のほうが適切です。スクールカウンセラーを目指すのであれば、教育という現場で働くことになるので、教育学部に進学することが適しています。したがって、自分の将来なりたい道を考えた上で進学先を選ぶことが大切です。

心理学はたくさんのジャンルがある

心理学科といっても、大学によって専門とする分野に違いがあります。心理学には大きくわけて臨床心理学・認知心理学・社会心理学・児童心理学・発達心理学など多岐にわたっています。将来どのような職業に就くかを考えてない人なら、まず自分は心理学の中でもどんな分野を学びたいかを決めましょう。その希望にしたがって、大学をリストにまとめると絞りやすいです。大学のホームページで情報収集する方法もありますが、オープンキャンパスに行ってみることをオススメします。その大学の雰囲気や生徒の様子なども直接見るほうがより実感がわきやすいですし、受験生を対象にした質問コーナーなども設けられていたりします。

大学で取得できる資格とは

心理学を専攻できる大学では、どのような資格が取得できるのかを知ることは大変重要です。特に、カウンセラーとして一番認知度の高い資格は「臨床心理士」です。しかし、この資格は受験資格を得られる認可を受けた大学院の修士課程を修了しなければ取得できないので注意が必要です。その他、企業などの組織に入って、社員などの心の悩みなどの相談を受ける職業である、産業カウンセラーや福祉の業界で活躍する精神保健福祉士などがあります。どの資格も、その分野でのスペシャリストとなるので、自己分析や将来の道筋をある程度はっきりさせておく必要があります。

心理学の大学では、有名な学者の理論を用いて、カウンセリングなど実生活に応用できる知識を身につけることが可能です。