高卒認定試験に合格して大学受験

事情があって高校を中退することがあります。他の学校にも行く気がなくて、しょんぼりした日が続くかもしれません。でも落ち着いてくると、将来のことも心配になります。何とか大学に進学したいと思っても、高校を卒業していないと大学の受験資格が得られません。そこでいい方法を教えてあげましょう。それは高卒認定試験の受験です。以前は大検といわれていて、高校卒業と同等とみなしてくれる文部科学省が行う試験です。合格すれば大学受験が可能になります。

通信制高校に転校して単位を取得

全日制の高校を中退した後、将来のことを考えることがあります。高卒で就職ができるのか、大学に行けないのかなどです。中退するときにいろいろあると、窮屈な学校生活に戻りたくない気持ちもあります。この時にいい選択肢があるんです。それは通信制高校への転校です。通信制高校であれば、ほとんど通う必要はないんですよ。それまでに取っていた単位も認められるので、足りない単位を取得すれば卒業できます。通信制でもれっきとした高校なので、学歴も高卒が得られます。

自宅でも通学しても勉強ができる

高校を中退した時、当初は学校に通学するのがつらくなります。ですから転校もせずにそのまま過ごしてしまうことがあります。通学するのがつらいなら、サポート校を選んでみましょう。いくつかの種類があって、高卒認定をサポートしてくれる場合と、通信制高校での卒業をサポートしてくれる場合があります。最初は通わなくても、自宅で勉強ができます。そのうち友達が欲しいと思ったら、通学することもできます。全日制高校と同じように毎日通うこともできます。

高校中退のリスクに備えるためには、就職先を早期に決めることや、通信教育を活用すること等がおすすめです。