そうだ、卒業してない!

インターネットの求人や駅にある求人紙を眺めていると、いろんな仕事がありますよね。飲食なら、カフェや居酒屋にレストラン。製造なら機械の操作やオペレーター、電機工事や塗装のお仕事。自分が挑戦してみたい業種に好条件のバイトや正社員での雇用。『あ!これいいな~』と思うもの、きっとあると思います。しかし、良い求人には条件がある。年齢は問題ない、体力にも自身はあるし手先も器用だ。でも一つ乗り越えられないものがる。『あ、そうだ私高校卒業してない!』良い求人にある一つの壁”高卒以上”それをクリアするための選択肢。あなたは知っていますか?高校を中退してしまった。もしくは行けなかった人にも高校卒業資格を得る方法はあるんです!ひとつは『通信制高校』そしてもう一つぜひ紹介したいのが『高等学校卒業認定試験(以下高卒認定)』です!これを取得すれば”高校卒業程度の学力があると国に認められ”履歴書に記入することができます。通信制高校に通うよりも人によって良いかもしれません!

高等学校卒業認定試験(高卒認定)とは

高卒認定とは16歳以上の”高校卒業資格を持たない”人が受験でき、合格すれば高校卒業程度の学力があると認められる試験です。昔でいう『大検』ですね。毎年二回試験が行われ、受験願書は4月と7月に配布されます。詳しい事は『高卒認定』で調べて頂ければわかります。この試験のすごい所は通信制高校等とは違い通学する必要もなく、また高校を中退された人は在学中の単位の取得数に応じて試験科目が免除されます。最大で全科目が免除になり、その場合は好きな科目を一つだけ受けて合格すればいいのです。実は私自身この全科目免除で受験し卒業資格を取得しています。試験なんて無理だ、と諦める前に一度調べるだけでもいいので動いて頂ければ、あなたの今後の選択肢が大きく広がるかもしれません。

高卒認定は選択肢の一つ

先程は高卒認定について簡単に説明しましたが、あくまで選択肢の一つです。在学中の単位が不足していたり、そもそも高校に行っていない方は通信制高校に通ったほうが負担が少なくなる場合もあります。もしくは卒業資格を取得せず違う道を選んだほうがいい場合もあると思います。大事なのは自分にとって必要な選択を自分で考える事です。流れにまかせていつの間にか知らないところに流れ着くより、自分自身の目でこれから先の事を決めて欲しい。そうしたほうが、人生楽しいですよ(笑)

高校卒業資格の取得は高等学校(通信制を含む)もしくは高等専門学校を卒業をする他に高等学校卒業認程度試験の合格でも同等の資格を取得できます。